教えます!ワインを高額で買取ってもらう際のポイント

ワインを高額で買い取ってもらうポイント① ワインボトルはきれいにして買取に出す

ワインを高額で買い取ってもらうには、まずワインボトルを綺麗にすることです。
見た目ってかなり重要で、たとえ軽く濡れ布巾で拭えば取れるような汚れでも、付いていれば査定額が下がってしまう要因になってしまいます。出来るだけ新品の綺麗な状態で買取に出せば、同じワインであっても査定額が数百円〜千円アップになる、なんて可能性もあるんですよ。
ですので紙製のラベルは傷つけないように、優しく汚れやべたつき、ホコリなどを拭ってラベル自体を綺麗にしておきましょう。

② いらないことが分かったらすぐに買取に出す

ワインなどの年代物は古ければ古いほど価値が出る、というイメージを持っている方が多いかもしれません。ですが、それは一部の銘柄に限っての話。
ワインの中にも種類があって、熟成されて美味しくなるものと熟成することで風味が損なわれるものがあります。
熟成してこれから美味しくなるものであれば熟成すれば良いですが、熟成が終わって不味くなったワインを元の美味しいワインに戻すことはできません。
逆に査定額が下がってしまう原因にもなるので、もう不要であることがわかったら、出来るだけすぐに買取に出す方が良いですね。

③ 付属品は絶対に揃えて出す

ワインの他に付属品がある場合は、絶対に揃えて出しましょう!
付属品があるかないかでワインの価値は大きく異なります。特に僕みたいなワインボトルコレクターにとっては、付属品が全て揃ったワインはボトル単体のものより非常に魅力的に感じられます!
箱はもちろん、ギャランティカードや替栓などが付いているだけで査定額は全く異なります。
それに、付属品はワインを太陽光や酸化から守るために必要なアイテムだったりするので、ワインの味を損ねないためにも、付属品付きのワインの方が好まれる場合がほとんどなんです。
心当たりがある方は、ぜひ付属品が無いか確認して、出来るだけ揃えてから買取に出してくださいね。

まとめ

同じワインでも、買取に出す前のひと手間を加えるかどうかで査定額に大きな違いがあります。
どうせ買取に出すなら、出来るだけ高額で買い取ってほしいものですよね。手に入れたお金で新しいワインを買うのも良いですし、別のものを買ったって良いんです。
ボトルの汚れを取って綺麗にすること、付属品は揃えておくこと、そしてなるべく早めに買取に出すこと。
この3つを守ってご自宅のワインを買取業者さんに出してみてください!

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!