今後流行ること間違いなし!アイリッシュコーヒーとは?

アイリッシュコーヒーとは?

画像引用元:https://cafelte.com/coffee-drinks/658/

「アイリッシュコーヒー」というコーヒーをご存知ですか?
もしかしたら名前だけはなんとなく聞いたことがある方もいるかもしれません。
アイリッシュコーヒーとは、コーヒーとウイスキーを混ぜ合わせたカクテルの一種です。
生クリームや砂糖をたっぷりと入れることから、甘いコーヒーの風味とウイスキーのお酒らしい良い香りが混ざり合って、お酒好きな方からはもちろんコーヒー好きの方からも人気が高まっています。
かくいう僕も、アイリッシュコーヒーが今めちゃくちゃマイブームです(笑)
見た目もおしゃれなので、今カフェやバーのメニューとしても取り入れているお店が多いですしね。
コーヒーとウイスキーのバランス加減が絶妙で、材料もそれほど入手困難なものがないので自宅で簡単に作ることができるのも特徴です。

アイリッシュコーヒーの歴史

アイリッシュコーヒーはアイルランド発祥のカクテルです。
日本語に直訳すると「アイルランドのコーヒー」ですね。そのまんまですが(笑)
1900年代からアイルランドを中心に人気が高まっていて、寒いアイルランドの気候で体を温めるのにぴったりなドリンクとして、航空機のシェフであるジョセフ・シェリダンが開発されました。
ウイスキーなどのお酒は体を温める効果がありますよね。ホットコーヒーにウイスキーを混ぜ合わせたアイリッシュコーヒーは瞬く間に寒い冬のアイルランドでブームが起こり、その後各国にも広まっていきました。

アイリッシュコーヒーの作り方

画像引用元:https://firststyle.jp/1038

アイリッシュコーヒーに少し興味を持っていただけましたか?
それではここで、そんなアイリッシュコーヒーの作り方についてご紹介していきますね。
ご家庭でも簡単に作ることができますので、寒い冬のお供にアイリッシュコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?
体がポカポカ温まる上、アルコールが入っているのでぐっすりと眠ることができますよ。もちろん夏はアイスで飲むのもおすすめです!

必要な材料

まずは必要な材料を列挙していきます。

必要な材料

・コーヒー
・お好みのウイスキー
・砂糖(ブラウンシュガーがベスト)
・生クリーム(ホイップしなくてOK)

材料はこの4つです。
アイルランドで一般的なブラウンシュガーを使う方が本場の味を楽しむことはできますが、なければ普通のお砂糖で構いません。
アイスの場合は砂糖ではなくガムシロップを用意すると甘みの強い美味しいアイリッシュコーヒーが出来上がりますよ。

作り方

作り方もとても簡単です。まずはコーヒーに砂糖を入れます。
砂糖はお好みで構いませんが、ウイスキーを入れるのでいつもより少し多めにすると美味しく出来上がります。
そこにウイスキーを入れて、最後に静かに生クリームを注ぎます。
そうすると、生クリームがウイスキー入りのコーヒーの上に浮いてカプチーノのような2層構造のアイリッシュコーヒーが出来上がります。
耐熱ガラスの透明なマグに入れると、2層に分かれているのがよくわかりますよ。
混ぜるだけなので作り方はとても簡単。ご自宅でもぜひ試してみてくださいね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!