こんなのは無理!|買取できないワインの特徴

買取が困難なワイン① 目減りが激しい

ラベルに傷があったり、付属品がないワインでも、査定額に多少のマイナスはあっても買い取ってもらえる可能性は高いです。
ですが、中には多くのお酒の買取業者で買取を断られる可能性が高いワインもあるんです。
そのひとつが、目減りの激しいワイン。
目減りとは、長期間ワインを保存しているとワインの中の水分が蒸発して、本来の量よりも少し減ってしまう現象のこと。
未開封のワインであっても、木製のコルクは水分を吸収しますしコルク栓のわずかな隙間から水分が逃げていってしまいます。
このことによってワインの味が濃厚になって美味しくなる場合もありますが、古すぎるワインの場合、目減りが激しいと味が損なわれることにも繋がるので、買取を断られることが多いです。

② 開封済み

開封済みのワインも買取を断られることがほとんどです。理由は明白。誰が飲んだかわからない開封済みのワインを飲みたいという方は少ないですよね?
それに、ワインは一度開けてしまうと、新しい空気(酸素)に触れて一気に酸化が進んでしまい、味が損なわれてしまいます。
開封して長時間経ったワインは本来の美味しさが損なわれるので、買取を断られる、または買取に応じてくれても未開封と比べると半値程度になる場合が多いです。
ウイスキーなどの場合は、ボトルそのものに価値があるということでオブジェとして人気があるものもありますが、ワインの場合は別。ワインはとてもデリケートですので、開封済みのワインを買い取ってくれる業者はほぼないと言えますね。

③ ラベルの汚れや剥がれが激しい

多少の汚れや剥がれであれば買い取ってくれる業者がほとんどですが、あまりにひどい場合は買取を断られる場合もあります。
例えばラベルのほとんどが剥がれていて銘柄や産地、年代がわからないものなど。
この場合たとえ未開封でも正当な価値を見いだすことができないので、買取価格をつけることができません。
ぱっと見は綺麗でも、ラベルが汚れていたり日焼けしているものもNGですね。特にワインは太陽光に弱いので、ラベルが日焼けしているということはそれだけ太陽光に当たっていたということ。
ワインの味そのものも損なわれている可能性が高いので、断られる場合が多いです。

まとめ

ワインはほとんどの場合買い取ってもらえる可能性が高いですが、中には買取不可な場合もあります。
例えば目減りが激しいものや開封済みのもの、ラベルの汚れがひどいものなど。
特にワインは飲み物ですので、味が大幅にダウンしているものについては買取が断られる可能性が高いです。
ですので保管は慎重に行うことはもちろん、持って行き損にならないようにワインの状態をしっかり見極めて買取に出しましょう。
ワインは飲むことはもちろん、料理に使うこともできます。買取不可のワインはそのように有効活用するのもおすすめです。
もちろん、健康を害さないかどうかはちゃんと見ておいてくださいね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!