メリット&デメリット別に解説!|ワインの買取方法

ワインの買取にも様々な方法があります。大きく分けると宅配買取、店頭買取、出張買取の3つ。
では、それぞれの買取方法がどんな方法なのか、メリット・デメリットは何なのかについてご紹介していきますね。

【買取方法別に解説!】ワインの宅配買取とは?

宅配買取はその名の通り、郵送でお酒買取のやり取りをすることです。
ダンボールの中に買い取ってほしいお酒を梱包して送ることで査定してもらいます。
送る前に状態や銘柄を買取業者さんに伝えて、仮見積もりを出してもらってから郵送するのが一般的ですね。
送ってからキャンセルすることもできますが、送り損になってしまうことはやっぱり避けたいですから。

メリット

・地方からでもお酒を買い取ってもらえる
・業者さんと対面せずに買取をお願いできる

このように、郵送なら全国どこからでもお酒の買取をお願いすることができます。
しかも、ほとんどの業者では送料は業者持ちです。あなたが買取に際して出費することはありません。
離島の場合は業者に要相談、という場合がほとんどですね。
離島の場合それなりに送料が高額になるので、それを差し引いても利が出るくらいの高額な買取の場合なら応じてくれる可能性はあります。

デメリット

・梱包が面倒くさい
・送ってから現金が振り込まれるのに時間がかかる
・キャンセルするのが憚られる

郵送するとなると、割れものであるワインボトルなどを丁寧に梱包しなくてはいけません。
業者の中には梱包用のダンボールやエアキャップを郵送してくれるところもありますが、結局のところ梱包するのはあなた自身。
丁寧に、割れないように包んで集荷に出すのは人によってはかなり面倒だと思うかもしれません。

実際にお酒を郵送して本査定をし、買取成立後に振込、という流れになるため、その場で現金化できる店頭買取や出張買取に比べると、現金化に時間がかかるのもデメリットです。
また、ほとんどの業者で、その価格に満足できなければキャンセルするということも可能です。
ですが一度送った買取のお酒をまた送り返してもらうのは気が引けてしまう方も多く、結局買取価格に満足が行かないまま買取成立、というパターンも無きにしも非ずです。

ワインの店頭買取とは?

店頭買取は、そのまま買取業者まで自分でワインを持って行って査定してもらう方法です。
業者の方に目の前で査定をしてもらって、その場で買取価格を出してもらえるので、方法としては一番スピーディですね。
さらに、持ち込んだお酒の量に応じて多ければ多いほど査定額をアップしてもらえたり、対面で話し合いながら値段交渉が行えるのも店頭買取のポイントです。

メリット

・買取成立までの流れが一番早い
・納得が行くまで丁寧に価格の説明をしてもらえる
・見積もり価格の交渉ができる場合も

このように、対面式の見積もりでは査定してくれた業者の方と話し合いながら見積もり金額に納得をして買い取ってもらえるところが良いところです。
買取希望者がたくさんいて待ち時間が発生しているということさえなければ、すぐに査定してもらえてすぐに見積もりを出してもらえます。

デメリット

・業者の営業時間中にお酒を持っていかなければいけない
・ご自宅のお酒を自分で店舗まで運ばなければいけない

店舗持ち込みは24時間営業ではありませんので、業者の営業時間中に合わせて持っていかなければいけません。
ですので定休日などにも十分注意してくださいね。
また、ご自宅のお酒を自分で店舗まで運ぶことになるので、1本2本ならまだしも車がなければ大量に持ち込むことは難しいと言えます。

ワインの出張買取とは?

ワインの出張買取とは、買取業者さんに自宅や自分のお店まで来てもらってお酒を査定・買取してもらうことです。
自分では店舗買取に持っていくこともできない、宅配買取にするにしても量が多い場合などに予約制でお願いすることができます。
そんなワインの出張買取にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

・大量のお酒を一気に買い取ってもらえる
・自分で運ぶ手間が必要ない

重くて割れやすいワインボトルを大量に運ぶのは嫌な人も多いのではないでしょうか。
力仕事がほとんどありませんので、女性1人でも買取をお願いできるのは大きなメリットですね。
見積もり・買取から運び出しまでやってもらうので手間が少ないです。
ご自宅の大量のコレクションを買い取ってほしい場合はもちろん、お店の在庫のお酒を処分したい場合などにもおすすめです。
まとめ買取は買取額をアップしてくれる業者がほとんどなので、無理をして自力で少しずつ持っていくのではなく、まとめて買取に出してみてください!

デメリット

・大量のお酒のみしか対応してもらえないことも
・出張エリアが限られている

出張買取はお店としてはプロの買取スタッフをお店の外に出して、車で買取に行くことになるので一番コストがかかります。
なので出張買取は大量のお酒買取の場合のみなど、本数などで制限が付く場合がほとんど。
さらに、出張エリアも限られており、例えば東京にあるお店なら東京都内、広くても関東県の車で移動できるエリアのみに限って承っているところが多いです。
そのため、離島や近くに出張買取してくれる買取業者さんがない場合は利用することができません。

まとめ

お酒の買取方法には宅配買取・店舗買取・出張買取の3つの方法があります。

・宅配買取:店舗に行く時間はないけど手軽に買い取ってほしい人
・店舗買取:顔を合わせて納得のいく価格で買い取ってほしい人
・出張買取:大量のお酒を買い取ってほしい人

どの方法を使うにしても、まずはネットや電話などでできる無料見積もりから始めると、いざ買取に出した時に想定よりも安かった、なんてことになる可能性はかなり下がります。
それぞれの方法にはメリットもデメリットもありますので、それぞれの買取方法を取捨選択してみてくださいね。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!